and walk...

Lesson2:グロウル



君はチェストボイスを会得できただろうか?
「できた!」というのであればもう半分グロウルを会得したと言っても
過言ではない!
まず、最初に覚えていてほしいのだが、
グロウルを出す際に喉を締めるイメージは間違っているし、
変に力むことはマッッッタク必要ない!
普段、カラオケで歌う時のようなイメージで臨んでくれたまえ!

肝心の出し方であるが、非常にシンプルである。
まず普通にチェストボイスで「ホォー」と発声してみてくれ!
そしてそこから喉仏を下げていくのだ!
たったそれだけである。しかしながらこれがなかなか難しい。
口笛を覚えた時のように、
ひたすら挑戦して感覚を身につけていくのだ!


コツ
・舌を下げながら喉を広げることをイメージするのだ!
実際に自分の喉仏を触りながらやってみると分かりやすいぞ!
・口を大きく開くとより、声量が出るはずだ!
喉で声量を出そうとするのではなく、胸から声を出すイメージを持ち続けよ!

重ね重ねになるが、喉を消耗するような発声は厳禁だ!
そのような練習をいくら行っても上手くはならないぞ!
いかにリラックスした状態で発声するかということに
重きを置いて練習してみてくれ!


スクリーチ
Suicide Silenceなどが多用している
ハイトーンのわめき声がこのスクリーチだ!
グロウルの状態から喉を広げたまま喉仏を上に戻してくると出せる筈だ!